鬱夫の恋

鬱夫の恋をやっとプレイしましたよっと。

オススメのホラーゲームに、大抵名前が上がるんですよねぇ。
だから、ずっと気になってて。

RPG2000のランタイムと実行ファイルが必要なので、あんまり気軽にはプレイできないかもしれませんねー。




んで、感想は、思ってたよりは怖くないな…と。

怖いっていうよりは、悲しいなーと。
いじめのシーンは居た堪れないというか、「あるある」と思ってしまった。
あいつら、自分のやってることがどこまで人を傷つけてるかわかってないんだよな。

…いや、傷つけることに楽しみを見つけてるからタチ悪いんだよな。

まぁ、とにかく、「怖い」ってのとはちょっと違うので、期待してたのとは違うなーと。
時間も短いし、手軽に鬱ゲーしたい人にはいいのでは?

いじめシーンは作者さんの実体験らしいので、悲しさ倍増ですね。
ヒロインが実在してなくてよかったなぁと。
いや、救われる存在がいないのは悲しいですけど…。

人が人らしく生きていける世の中に、早くなればいいのにね。
よく弱肉強食って言うけど、自分たちは人間だよ…。
ヘドが出るほど偽善的な意見かもしれんけど、人を食いつぶすよりは、人と共に生きていきたいなぁ。
[PR]
by romanzo-rosa | 2011-09-18 19:56 | ゲーム